6つの弦に魅せられて

好きな曲をソロ・ギターにアレンジして演奏動画をアップ

TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング( CASIOPEA・カシオペア)/solo guitar arrangement (ソロ・ギター・アレンジ)

   

カシオペア(CASIOPEA)の「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」をソロ・ギターにアレンジして弾いてみました

 

フュージョンの名曲をソロ・ギターにアレンジするシリーズ。いろいろな曲をアレンジしながらも、特にカシオペアの4枚目のアルバム「メイク・アップ・シティ-MAKE UP CITY」の全曲制覇を目論んで進めてきました

そして、最後の曲「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」をようやくアップしました。

MAKE UP CITY

 

実はこの曲には思い入れが結構あって…。

その昔、コピーバンドをしたときに実はキーボードを何回かライブで演奏したことがあるんです。もちろん、本職のキーボーディストではありませんので、見よう見まねで・・・かなり苦労をした思い出があります。

そのときの曲目の中にこの「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」があったんですね。しかもこの難曲を、譜面もなかったのですべて耳コピして・・・。

だから今でも「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」を聴くと結構そのライブのことを思い出すんです。

今回ソロ・ギターにアレンジするにあたって聴き込みをしましたが、余計に思い出すと同時に、改めていい曲だって思いました。

 

「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」・全体のアレンジについて

「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」の大きな特徴は、まずは3連のリズムで流れていくことです。途中、やや4ビートっぽくなるのですが、この部分もやはり大きなリズムは3連で流れています。

まずは、このリズムをキープすることを考えました。

次にテーマ。

原曲ではキーボードが奏でていて、しかもコード和音を押さえつつその中でメロディを動かしています。

このメロディの奏で方と言うのはカシオペアの特徴のひとつでもありますね。そう、例えば「テイク・ミー」なども同じですね。

 

と言うことで、3連のリズムとテーマの奏で方にポイントを据えてアレンジをしていきました。

 

また、全体の構成については「メイク・アップ・シティ-MAKE UP CITY」の全曲制覇の最後の曲ですから、カシオペアへのリスペクトの意味も込めて、ギターソロやキーボードソロも含めて原曲通りの構成でアレンジをしていこうと思い進めて行きました。

でも、動画を観ていただければお解りだと思いますが、実際の仕上がりはテーマを半分省き、そしてギター・ソロの部分も省き、テーマからすぐにCメロに入って、キーボード・ソロになっています。

アレンジが終わった段階では、すべて原曲の構成でした。ギター・ソロ部分についても野呂一生さんのフレーズも含めてアレンジとして再現していたんですね。

ところが、いざ弾き込んでいくうちに、ギターのテクニック的にかなり難易度が高いということをヒシヒシと感じたわけです。

これを通しで弾いて動画に記録するには、かなりの時間、弾き込まないとダメ。。。また、全部弾いていくとかなりの長さになりますし、ギター一本だと少しくどい感じもしたのです。

ですから、せっかくアレンジをしたのですが、思い切って省いて、省いて…この形に落ち着いたと言うわけなんですね。

これもアレンジを仕上げていく上で必要な作業のひとつだと思ってます。

 

キーボードのメロディ・ラインをギターで再現する

先ほども書いた通りに「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」のテーマ・メロディは、キーボードでコード和音を押さえつつ、その中でメロディを動かしています。

これと同じように、アレンジをするときにも、まずは和音を拾ってからメロディを内部で動かすように考えました。

ソロ・ギター・アレンジをする場合には、メロディをトップ・ノート、つまり一番高い音に持ってくるのが基本です。ところが今回は、メロディの音の上にさらに高い音が鳴っています。

イメージとしてはコードの構成音の中のメロディ以外の音で、一番低い音と一番高い音を押さえて、その間を使ってメロディを鳴らしている・・・と言う感じです。文章だとちょっと解りにくいのですが、動画を良く聴いていただくとメロディの上に高い音が鳴っているのがお解りいただけると思います…が。。。

ただしこの方法はテーマの前半部分だけで、サビの部分についてはセオリー通りにトップ・ノートにメロディを持って行ってます。

これはベースのラインが4っ刻みっぽくなるため、ラインを刻むのが忙しくなるのでギターでは対応できにくくなったからです。まあここはベース・ライン優先と言うことですね。

 

「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」・演奏の解説・反省など

では「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」の動画を追いながら細かいアレンジの話、そして演奏の解説と大反省会です。。。

 

まずは、イントロ。

ここは良く原曲を聴くと、私のリズムとは少し違っていてもっと3連色が強い感じになっています。

ここのアレンジの考え方は、原曲のイントロ部分全体の持っている雰囲気を、ひとつのパターンとして作って、それで奏でていく、と言うことです。

つまり、細かく、ギター、ベースと拾っていくのではなくて、全体を捉えてギターで弾きやすいフレーズを作ったと言うことです。

比べてみると原曲とは少し感じが違うのですが、単独でソロ・ギター・アレンジだけを聴くとそれなりになっていると自負しています。

 

0:19~の部分。

ここはイントロからテーマに流れ込んでいくところ。

原曲の持っている派手めのイントロから、スーッとテーマに入って少し静寂がある雰囲気…上手く再現できたでしょうか。。。

 

0:22~の部分。

ここではベースのスラップのプルをちょっと再現しています。

原曲のベースはスラップで弾いているのですが、その雰囲気を出すことと、3連の流れを出すために入れてみました。

 

0:27~の部分。

ここのメロディ・ラインは先ほど説明をした「コードの構成音のメロディ以外の音で一番低い音と一番高い音を押さえてその間を使ってメロディを鳴らしている」と言う感じが良く聴こえますね。

 

0:45~の部分。

ここからベース・ラインが4っ刻みが基本になり、しかもかなり動くフレーズなので手が混乱しそうになるところです。

ちなみに私の場合、ベース・ラインに少し注意が行き過ぎで感じのメロディ・ラインが綺麗に、そして十分な音の長さを保っていませんね。これは大反省です。。。

 

1:17~の部分。

ここは「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」の中でも最もキャッチーの部分であり、後の盛り上がりに向けての重要な部分と思ってます。

基本的にベース・ライン単音、そしてメロディ・ライン単音でアレンジをしてます。

これはテーマ部分との変化を出したかったことと、次の盛り上がる部分に向けてメリハリを付けたかったと言うことです。

まあ、ここはアレンジと言うよりはベース・ラインのコピーをして、メロディとの重なるポジションを探っていった…ということですね。

ここでもやはりベース・ラインに意識が行き過ぎでメロディが綺麗に鳴っていないところがありますね・・・。

 

1:43~の部分。

一番の盛り上がりポイント・・・のハズだったんですが。もっと思い切って強く弾けばより良かったと反省です。。。

 

2:14~の部分。

ここは原曲のキーボードソロの部分ですが、ほぼそのまま再現してみました。

2:32~は原曲でもいい感じのラインですがアレンジをして弾いてもいい感じです。。。

ベースラインを4つで刻みながらの3連フレーズなので結構、リズムの取り方が難しいフレーズでしたが、何とか勢いで切り抜けた感じですね。

 

2:57~の部分。

ここはテーマが転調をしています。

原曲ではギター・ソロの前にこのテーマ部分が入っているのですが、今回のアレンジではここで初登場します。

ちなみに、ここはメロディ・ラインをトップノートにしてアレンジをしました。

 

3:22~の部分。

エンディング部分ですが、原曲はフェードアウトしています。実際にカシオペアがライブでどのようなエンディングにしていたのか、ライブも当時良く聴きに行ったのですが覚えてなくて。。。

いろいろと動画などを検索していたら、懐かしい音源をアップされている方がいて、その当時のエンディングを思い出すことができました。

と言うことでそれを再現したエンディングで終わりです。。。

 

 

全体的な演奏としては、やはりベース・ラインに気が行き過ぎていて、メロディをしっかりと奏でることができていない部分が多かったことが反省です。

 

「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」・楽しんでいただければ嬉しいです

カシオペアのアルバム「メイク・アップ・シティ-MAKE UP CITY」。その中から、今回は「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」をアップしました。

全体的に上手くまとまっていて、弾いても結構面白く、弾きがいのあるアレンジに仕上がったと自負しています。

 

 

これで、カシオペアの4枚目のアルバム「メイク・アップ・シティ-MAKE UP CITY」の全曲ソロ・ギター・アレンジを無事に制覇しました。

また機会があれば、カシオペアの作品に限らず、アルバムまるごとアレンジをしてみたいと思ってます。

 

と言うことでカシオペアの「TWINKLE WING - トゥインクル・ウィング」。

楽しんでいただけば嬉しいです。

 

★ ayuki

 - ソロギターアレンジ, トゥインクル・ウィング